Home\Publications\ Fukushima WP 2015

Fukushima 2015 White Paper

Developments since the 2013 UNSCEAR Report on the levels and effects of radiation exposure due to the nuclear accident following the great east-Japan earthquake and tsunami

A 2015 White Paper to guide the Scientific Committee's future programme of work

This White Paper is part of the Committee's ongoing effort to systematically monitor and evaluate new information that has emerged since the launch of its 2013 Report on the Fukushima-Daiichi accident. It presents a sound analysis of relevant, new scientific information from October 2012 to December 2014, to identify whether it materially affected conclusions of that report or if it addressed research needs that had been identified. About 80 publications were reviewed by an expert group and the 2013 Report's conclusions were borne out. The thematic areas covered were: releases and dispersion for the atmosphere and marine environment; evaluations of doses for the public and workers; health implications for the workers and the public; and doses and effects for non-human biota.

CONTENTS:

Executive Summary, Main Text and Appendix

Attachments:

Attachment 1: Power calculations for epidemiological studies that underpin the commentary on health implications in the 2013 Fukushima report

Attachment 2: Development of isodose maps representing annual external exposure in Japan as a function of time

Animation: Animated map of the projected isodose curves for an annual effective dose of 1 mSv from external exposure (GIF file)

 

 
English

東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEAR 2013年報告書刊行後の進展

国連科学委員会による今後の作業計画を指し示す2015年白書

本白書は、福島原発事故に関する2013年報告書の発表以降に公表され続けている新規情報について、系統的に収集及び評価する委員会の継続的な取り組みの成果の一部です。本書には、2012年10月から2014年12月までの新たな科学的情報について、2013年報告書の結論に実質的な影響を与えているか、又は2013年報告書で特定された研究ニーズに対応し得るものか、ということについての公正な分析が記述されています。約80編の文献が専門家グループによって審査された結果、2013年報告書での知見が確証されました。主題領域には、大気中及び水域への放出と拡散、公衆と作業者の線量評価、作業者と公衆の健康影響、ヒト以外の生物相における線量と影響が含まれています。

コンテンツ:

要旨, 要旨 及び 付属書 (2015年に翻訳された日本語版における 誤訳が修正されています)

補足資料(英語版のみ利用可能):

補足資料 1: 2013年福島報告書での健康影響に関する考察の根拠となる疫学調査における検出力計算

補足資料 2: 日本における経時的な年間外部被ばく線量を表す等線量図の進展

動画: 外部被ばくによる年間実効線量が1mSvになると予測される等線量曲線の変化(GIFファイル) (GIF file)

 

 

Japanese

Last updated: Tuesday, 23 February 2016