Home\ Fukushima

The Fukushima-Daiichi nuclear power plant accident

UNSCEAR's assessment of levels and effects of radiation exposure due to the
nuclear accident after the 2011 great east-Japan earthquake and tsunami 

On 11 March 2011, the Fukushima-Daiichi nuclear power plant suffered major damage from the failure of equipment after the magnitude 9.0 great east-Japan earthquake and subsequent tsunami. It was the largest civilian nuclear accident since the Chernobyl accident in 1986. Radioactive material was released from the damaged plant and tens of thousands of people were evacuated.

In May 2011, the Committee embarked upon a two-year assessment of the levels and effects of radiation exposure from the accident. It reported its findings to the General Assembly in October 2013 ( A/68/46), and a detailed publication titled 'Levels and effects of radiation exposure due to the nuclear accident after the 2011 great east-Japan earthquake and tsunami' with the supporting scientific data and evaluation was issued online on 2 April 2014 [ English] [ Japanese].

The main focus of the UNSCEAR 2013 Report was on assessing the exposure to radiation of various groups of the population, and the implied effects in terms of radiation-induced risks for human health and the environment. The population groups considered included residents of the Fukushima Prefecture and other prefectures in Japan; and workers, contractors and others who were engaged in the emergency work at or around the accident site. The environmental assessment addressed marine, freshwater and terrestrial ecosystems.

The secretariat of UNSCEAR, as part of the United Nations Environment Programme (UNEP), closely coordinated with other leading international organizations in this area such as the Preparatory Commission for the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Organization ( CTBTO); Food and Agriculture Organization of the United Nations ( FAO) ; International Atomic Energy Agency (IAEA); World Health Organization (WHO) and World Meteorological Organization (WMO).

Following its assessment, the Committee put in place arrangements for follow-up activites to enable it to remain abreast of additional information as it was published in the scientific literature. A group of experts reviewed more than 80 publications issued between October 2012 and December 2014 in detail (the 2013 report considered information up to October 2012). These publications were selected from amongst a large number that were screened for their relevance. The results of the review were scrutinised by independent critical reviewers, discussed by the full Committee at its session in June 2015, and approved for publication as a White Paper.

Titled "Developments since the 2013 UNSCEAR Report on the Levels and Effects of Radiation Exposure due to the Nuclear Accident Following the Great East-Japan Earthquake and Tsunami", it is available in both English and Japanese  and is intended to guide the Committee's future programme of work.

福島第一原子力発電所事故

2011年東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEARの評価

2011年3月11日、東日本で発生したマグニチュード9.0の大地震及びそれに続く津波により、福島第一原子力発電所の設備は機能停止に陥り深刻な損傷を受けた。これは、1986年の チェルノブイリ事故 以降で最も大きい民間の原子力事故であった。損傷したプラントから放射性物質が放出され、数十万人が避難することとなった。

2011年5月、委員会は事故による放射線被ばくのレベルと影響に関する2年間の評価に着手することとした。この結果は2013年10月の国連総会で報告され( A/68/46、その詳細が「2011年東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響」として2014年4月2日に公開された[ 英語] [ 日本語]。

UNSCEAR 2013 年報告書での主な焦点は、様々な集団に対する放射線被ばくと、健康や環境へ与えるおそれのあるリスクに関する影響について評価することであった。対象とする集団には、日本の福島県及びその近隣の県の住民、事故現場やその周辺で緊急作業に従事した放射線作業従事者、協力企業やその他の作業者を含めた。環境評価では、海洋、河川及び陸域における生態系を取り扱った。

 UNSCEAR事務局は、 国連環境計画 (UNEP)の一部として、包括的核実験禁止条約機関準備委員会( CTBTO )、国際連合食糧農業機関( FAO)、国際原子力機関( IAEA)、世界保健機関( WHO )世界気象機関( WMO )等の関連する他の主要な国際機関とも密接に連携した。

 これまでの評価に続き、委員会は、科学的な文献として公開される追加の情報とともにフォローアップ活動を進めることとしている。専門家グループは、2012年10月から2014年12月まで(2013年報告書では2012年10月までの情報を考慮した)に公開された約80の文献について詳細を審査した。これらの文献は、関連する多数の文献をスクリーニングしながら選択された。審査の結果は、独立性を有するクリティカルレビュアーによる精査の後、2015年6月に開催された年次総会での議論を経て、 白書 として公開することが承認された。

 「東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEAR 2013年報告書刊行後の進展」は、 英語及び 日本語 の両方で公開されており、委員会が取り組む今後の作業計画が指し示されている。

 

Last updated: Tuesday, 15 March 2016